スマホを使用している女性

サテライトサイトに使う正しい中古ドメイン選び

スマホを見ている女性

中古ドメインの本数がたくさんある方が良いとされるケースもあり、高額な中古ドメインを販売サービスなどで購入することもあります。
Googleからの警告を始め、ペナルティを受けているものや、スパムサイト・価値が低いコンテンツで運用されていた場合なども存在しています。
アフィリエイトサイトなどで被リンクを自然に獲得したものではないドメインもありますし、有力サイトではないインデックスなどがあります。
中古ドメインの選び方として最低限の条件とされますが、サテライトサイトとしての量産型サイトに比べると、メインサイトでのドメイン選びはドメインパワーを中心に選んでいく必要があります。
サテライトが持っている被リンクのクオリティや期限切れではないか、過去の運用履歴や取得した数・業種や使用している言語などが必要で、被リンクのクオリティが一番を占めています。
調査できるツールがたくさんありますがよく知られているものから使用して見るのが得策で、国内のサイトであればSEO対策のものが有名です。
アフィリエイトサイトでは被リンクのチェックとして、サービスを一時停止していることもあり再開はいつされるか未定となっています。
ツールを取得することで被リンクの確認をすることが可能ですが、目視でも行なった方が確実です。
ドメインパワーによっては被リンクの量がたくさんあり、膨大な数のリンクがついているサテライトサイトもあります。
全てを確認していくことは非現実的ではないので、できる限り被リンクを目視していくのみということが大切です。
販売サービスは中古ドメインの選び方として正確には間違えていませんが、少し問題も見うけられます。
インデックスやアンカーテキストが多いとされるものや、ドメイン名やブランド名・アンカーテキストにブランド名が記載されているもの、意味不明な内容のない文字列や数字だけのドメイン名は不自然なので回避することが大切です。
中古ドメインは運用履歴の中でペナルティがあれば、高い確率で有力サイトではないと判断されます。
期限切れのものは営利目的サイトである場合や、被リンクが中途半端で小細工にしか見えないケースもあります。
このように現在は通用しなくなっているものが、中古ドメイン販売サービスで売られていることが一般的です。
なかには悪質なものもあり、SEOの面からみて有力サイトと見せかけて販売しているケースもあるので、購入するコツを掴むことが大切です。
中古ドメインユーザーの口コミをフルに生かし、高品質な中古ドメインの販売屋での購入をぜひともお勧めします。

人気記事一覧