スマホを使用している女性

サテライトサイトは中古ドメインで運用する方が良い

パソコンを使用する人

サテライトには中古ドメインを使用することが有効で、できる限りリンクを設置するために作られているものは無駄になる傾向があります。リンクを設置するだけのためのサイトはよく見られますが、これはリンクジュースと呼ばれ内容のないコンテンツということで、ペナルティを受ける可能性も出てきます。
ドメインパワーを狙っている可能性もありますが、しっかりとしたバックリンクを作成しているユーザーに対して、Googleで評価がされない場合は無駄になるケースも多いです。
SEO効果ではサイトの評価がされていない場合、さらにリンクに効果がないという場合はリスクしか残っていません。リンクジュースのサイト価値は内容で決まる部分が多いため、価値がないサイトだと判断されるのは時間の問題になります。ドメインパワーやバックリンク・キーワードなどがあっても、ユーザーから見て価値がないと判断する可能性があります。キーワードの数や被リンク・出現率などが出てくることもありますが、内容が良いことが前提でその他はあまり意味がないとみなされます。
内容をあまり見ない段階で、SEO効果だけをピックアップして、問題ないとしているケースも見られますがリスクが高くなります。内容を全て無視した状態で、部分的に見ると不明な内容やキーワードが詰め込まれているだけのものもあります。それらはスパムと呼ばれ無価値となりますし、効率化を考える人にとっても問題視されています。
サイトの中で価値がないものとして、中古ドメインを使用しながら被リンクの効率化を行うことは考えにくいとされており、無駄なリスクを負うことになります。
新規ドメインで運用しているサイトの評価を高めることは簡単ですが、現状ではスコアの方が重要視されるのでドメインに乗せかえる傾向にあります。乗せ替えをしても評価が突然上がることはまずありませんし、ブレてしまう可能性が高いです。育っているドメインパワーを手放すより、サイトの質を高めた方が有利になります。SEOを意識していない場合、検索上位を獲得する意志がないサイトも見られますが、理由はSEO効果にそっている部分が大きいです。サイト自体に目的がないときにも言えますが、効果が成果をドメインパワーに託していることから、不透明さが伺えます。目的がないサイトに使うことは無駄となりますし、中古ドメインの利用はリスクに対して効果が少ないという結果になり問題が高いと言えます。