スマホを使用している女性

サテライトサイト構築時の注意点

サテライトサイトはメインサイトの一部コンテンツに絞り、サテライトサイトの制作を行なっています。コンテンツの一部を掘り出すことでそこで特化しているメインサイトよりも、独自ドメインを取得した専門的なサイトが有利です。
ユーザーに対しても支持されながらアクセスも集まれば、今後確度の高いユーザーをメインサイトに誘導することができますし、補完関係も維持することが可能になります。注意する点はメインサイトにリンクを貼ることは、関連性が高そうな部分に貼ることです。検索エンジンや相互リンクもありますが、メインサイトのコンテンツを詳しくしたものなので、関連性が低いことはないとされます。評価は品質によって異なりますがテーマを広げていくことも大きな注意点です。独自ドメインで幅広く入札している可能性もありますが、同様の意見で本体サイトのテーマを含んでいるサイトを制作していくことが目的です。注意点はテーマに対してあまり内容を広げすぎないことで、メインサイトとの関連性を維持していきます。特徴として元のテーマをすでに広げているので、メインサイトのトップでリンクさせやすくなります。本体サイトのテーマを無視することはなく、一定の補完関係を保ちながら進めます。他のものと比べると関連性が薄くなりがちですが、それだけテーマの自由度が高くなるので、ユーザーが喜びやすいコンテンツを作ることが品質の評価につながります。検索エンジンではマーケティングツールのようなコンテンツがありますが、ブログ形式のサテライトを展開しているケースが多々あります。それぞれ単体で価値があるとされていますが、自分で作るものなのでその価値はリンクだけには止まりません。補完関係でリスティング広告のように本体サイトでカバーできないところを、潜在顧客をターゲットにしていきます。アクセス数もさらに集まり、ユーザーからの支持があるとリンクとしての価値が上がってきます。メインサイトと同様に手間をかける必要があり、実施するかどうかは人によって違います。本気で取り組まないと全く進まないということが大きなデメリットで、サテライトサイトという視点から見て事例を挙げます。必要な情報のみをユーザーに見せることは、広告的なWebページでコンテンツを作りこむ必要があります。複数のページへ敢えてすることで、サテライトサイトのサービスに特化したものが得られるのでさらによくなります。