スマホを使用している女性

Googleが評価するサテライトサイトのポイント

スマホを使っている女性

クォリティの低いコンテンツに多数の被リンクを貼っていても、Googleから評価されないばかりかペナルティの対象となるケースもあります。アンカーテキストとは異なっているSEO対策から見たサテライトには、様々な特徴が見られます。
クォリティが低いサテライトサイトを量産することもありますが、ここからメインサイトへのリンクを貼っていても検索順位が上がっていることもあります。関連性を持たせていないことや独自性も見られないことから、本来であれば検索順位が下がっていることの方が多いです。現在は独自性がとても重視されていて、ブラックハットSEOではペナルティを受ける可能性も高いので、検索順位を下げることの方が多くなっています。
GoogleでもSEO効果を見込むことができるサテライトサイトで、クォリティも高い独自性があるユーザーにとって役に立つ情報を提供しているサイトが評価されます。サテライトサイトで取り扱っているコンテンツは、メインサイトと関連性を保持していることが基本です。メインサイトで販売している特定の商品があると、サテライトサイトにはその商品が欲しくなるような内容で関連付けを行います。メインサイトの商品情報に含まれていないトピック限定で行うので、ユーザーから見るとここで取り上げられている商品が欲しくなった場合は、メインサイトの広告をクリックして訪れるという方式です。
メインサイトへ関連付けて広げた内容にすることも一つですが、テーマが広がり過ぎれば関連性がだんだんと薄くなっていくことが注意の必要なところとなります。他のサイトのコピーをしたものではなく、独自性のあるものが前提となっています。メインサイトと同様のIPアドレスやドメインであれば、同じサイトとして扱われてしまうのでサテライトサイトとしての効果が出なくなります。内容に合わせているドメインを新しく取得することで、関連性が薄くなりサテライトサイトの役割を果たします。IPアドレスは基本的に4つの区切りがありますが、3つが同じものは同じサーバーやアクセスとなっているので、全くSEO対策にはなっていません。
サテライトサイトからメインサイトにリンクを貼るときは、メインサイトからサテライトサイトにリンクは一切貼らないことが基本です。これをすると自演リンクとみなされてしまい、ペナルティを受けてしまう可能性があります。アンカーテキストを身近に置きながら、低いコンテンツを貼ることに気をつけます。

人気記事一覧