スマホを使用している女性

IP分散はサテライトサイトに効果がある?

IP分散はサテライトサイトに対して行われるケースもありますが、クラスC分散のものに置き場所を作る意味で、ドメインやサーバーを取得していきます。
独自ドメインを取得することはもちろんですが、DNSサーバーは独自ドメインを取得したり、中古ドメインを利用することもあり目的にあったものが最適となります。スパム判定も同様となり、購入しているレンタルサーバーを利用することが有利とされています。SEO効果から見るとクラスC分散では、目的でIPの分散の利用を考えていきます。IPアドレスは基本的に利用しているレンタルサーバーと関係しています。DNSサーバーは複数の異なっているIPアドレスを利用しているレンタルということになります。Googleの評価から、スパム判定などもありますが独自ドメインを利用することで、サテライトサイトを複数やたくさん運用してみることもIP分散を意識した方法です。
被リンクは自作自演対策となりますが、個人的にそこまで大きな規模のサイトを保有するとは考えられません。SEO対策やリンクを販売している業者が利用していることも多く、個人では大量ではなくても複数持つことに規制がありません。
IP分散を考えている時はSEO対策のために利用してみる傾向が一般的に伝えられています。被リンクの対策を行う時は自然に獲得をしていると問題なく分散されていますが、同じドメインやIPアドレスからばかり被リンクを獲得し続けることに問題があります。自作自演で行うことや、無料のブログでサービスを利用してサテライトを構築する人も出ていますが、偏りが出てしまうと不自然な被リンクとして、ペナルティの対象となります。
不自然さを分散させて、サテライトサイトの作成や被リンク対策を行うことが大切です。中古ドメインや分散サーバーとの掛け合わせは比較的効果的で、リスクも軽減できます。SEO対策で成果が上がることもよくあり、SEO効果を狙うにあたって忘れてはいけないことがクラスC分散です。これはアドレスの部分を指しているのですが。クラスCの箇所で被リンクを評価することで、Googleは重要視していることが伺えます。検索エンジンを使用しているユーザーに対して、どのような検索キーワードを使っているのか気になることが多いですが、多くが複数キーワードの組み合わせとされていて、SEOを行なっている時はユーザーが検索するキーワードの組み合わせを想定しています。