スマホを使用している女性
お知らせ
パソコンで仕事している女性

サテライトサイトメインサイトSEO対策や広告戦略・集客をするために作られたもので、メインサイトとは別に立ち上げているサイトです。その中で別ドメインで立ち上げているものから、メインサイトとの関連性を表さないで、隠してあるものなどが存在しています。
メインサイトとの関連性が高いことが明確にされているものは、多くの場合サテライトサイトとは呼んでいません。この目的はメインサイトの被リンクを増やしたいということで、検索順位に被リンクの多さが関わります。Googleは被リンクをサイトに対しての支持票とみなしているので、参照されることが多いことと同意になります。
そしてそれは良質なサイトとみなされるので、多くのSEO対策をしている人は被リンクを増やしたいという目的があります。これが多ければ検索結果で上位に表示されることも難しくありませんし、SEO対策においてメリットは対策の基礎となっています。
サテライトを作ることでは本サイトにページを貼っていく手間がデメリットとなりますが、自力でメインサイトに被リンクを増やすことができる唯一の方法と言えます。クオリティは問わずサテライトサイトを作れば作るほど、被リンクを増やすことができるので、増やす手間をデメリットと考える人は向かない傾向にあります。
現在はリンクの数だけにとらわれず、質に関しても評価指標とされています。元のサイトコンテンツのクオリティが評価指標として増えたので、誘導ページを作るために気軽に利用していた人にはハードルが高くなりました。内容のないコンテンツでサテライトサイトとして取り入れ、そこからメインサイトにリンクを貼ったとしても、全くSEO効果を期待することができません。
ペナルティを受ける可能性があっても、デメリットの方が大きいのでこのような方法で使用する人は減少する傾向にあります。クオリティの高いサイトからの被リンクはSEO対策の面から見ても、大きな効果はあるので被リンクというカテゴリの中で指標がなくなったとは判断されません。形だけで中身のないサテライトサイトを作った場合、数を増やすだけであればブラックハットは基本的にSEOの中で判断されやすいでしょう。誘導ページとしてのサイトでもサテライトサイトに注目する人が少なくなります。ブラックハットとはWebサイトの検索エンジンのアルゴリズムで、検索結果表示順位を不正に上げることを言います。メリットが少なく広告戦略としても効果が薄いとして、Webサイトを使用していないケースもよく見られます。検索結果に表示されなくなるケースもありますが、ペナルティを受ける可能性の方が大きいです。